投資利益を家賃保証サービスでアップする!

紙幣と人形

利用者が増えている

ウーマン

賃貸経営を行う上で、最も重要なのが家賃を借主から回収する事です。いくら借主が見つかって、自分の収益物件が満室になっていても、借主からしっかりと家賃回収をしないと利益を生み出す事が出来ません。また、利益を生み出すどころか、投資額を回収できなくなってしまいますから、赤字に転落してしまう可能性もあります。家賃回収は借主から毎月行うのが通例です。以前は家賃を借主から直接回収するのが通例でした。しかし、最近では振込や引き落としが多くなってきてい、借主から直接回収するケースも少なくなってきています。自分の収益物件を管理会社に依頼する借主も増えています。その場合は管理会社が家賃回収を行ってくれますから、貸主側で家賃回収をする必要がありません。家賃を借主から回収できない時の為に、賃貸契約書には連帯保証人を明記する欄を設けています。借主が家賃の支払いをしない場合は、連帯保証人に家賃の請求をする事が出来るのです。しかし、遠方に住んでいる連帯保証人の場合は、家賃回収がスムーズにいかない場合があります。また、近くに住んでいてもスムーズに回収出来ないケースも実際に多々あります。そのさいに貸主にとって非常に便利な存在が賃貸保証会社です。賃貸保証会社は借主の連帯保証人になってくれる会社です。賃貸保証会社を管理会社が紹介するケースも多くなっていて、賃貸保証会社の存在は連帯保証人を見つけられない借主と、家賃回収をしっかりと行いたい貸主の双方にとって魅力的な存在なのです。